ブラックシリカについて

今回はブラックシリカについてお話します。

ブラックシリカという石は北海道上ノ国町で唯一産出される天然鉱石です。
主成分として数パーセントの炭素と微量のミネラルを含有する黒色の天然鉱石で、黒鉛珪石とも呼ばれています。昔から病を癒やす石として知られていました。数億年の間、海底の珪藻類が堆積して地表に隆起した天然鉱石で、多種の天然ミネラルをふんだんに含み、常温で強力な遠赤外線をはじめとする様々な活性波動(特に生育光線)を放射発散するのが特徴です。

 

育成光線を常温で放出
人体や動植物の水分子を活性化し、細胞を活発にする作用があります。血液の流れを良くし、痛みを緩和したり、水や空気を綺麗にするなど様々な効果があります。

 

上ノ国町まで買い付けに・・・

上ノ国町

DSC01922

現地まで行き、手頃な大きさ、重さの石を買い付けました。
上の写真がその時のものです。道の駅もんじゅで売っているのですが、ブレスレット等加工したものや、小さいブラックシリカも売っておりました。上ノ国町は自然豊かで夕日がとても綺麗なところでした。

当サロンでは温めたブラックシリカを腰におきます。時間が経つにつれて、体がポカポカと温かくなっていくことに気がつくでしょう。慢性的な腰痛、肩こり、冷え性の改善に役立ちます。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る